そばの伊勢又
そば好き集まれ!


よみがえれ 『黒いダイヤ』
先祖代々引き継がれてきた
金砂郷在来
平成17年度産・完売致しました。
来年度も宜しくお願い致します。

平成17
 昨年、復活しました「金砂郷在来」
「常陸秋そばに比べ、そばの甘味・香りが強く、
野性味がある。」
との評判でした。 

今年も、農家の若手そば愛好グループの協力で
順調に育ちました。

 尚、
「常陸秋そば」は、
例年通り地元の農家より直接、
手刈り・天日干しの玄そばを購入致しました。

ぜひ、茨城県が育種している
採種圃産の種子に更新を行なっている
伊勢又ならではの
「常陸秋そば」
100%を味わってみて下さい。

平成16
 茨城県金砂郷町の山ふところ、代々そばの生産をしている農家からたまたま購入した1袋のそば。現在主流となっている常陸秋そばに比べ小ぶりで、やや赤茶け香りが強い。もしかしたらと思いおばあちゃんにたずねると「うちでは、先祖代々畑でとれたそばを、繰り返し繰り返し種として播いてきた。周りが新しい品種の常陸秋そばに替えても、うちでは昔通りにやってきた。」とのこと。

 これぞ幻の
『黒いダイヤ』と呼ばれる金砂郷在来ではないか。
3年前に初めて購入後、毎年食べる分しか作っていない貴重な玄そばを、無理を言って分けてもらって来ました。

 今年、この
金砂郷在来をよみがえらせたく、毎年そば生産でお世話になっている農家の、若手そば愛好グループの方々に話しをしたところ、幻の『黒いダイヤ』金砂郷在来の復活に協力して下さるとの事で、8月中旬収量400kg目標に種を播きました。

 現在、台風の影響も少なく順調に育ち、手刈り・天日干しをしています。

 販売は11月上旬を予定しております。少量ですので無くなり次第終了とさせて頂きます。

 尚、
常陸秋そばに関しては、例年通り地元の農家より直接、手刈り・天日干しの玄そばを購入致します。ぜひ、県が育種している種子の更新を行なっている伊勢又ならではの常陸秋そば100%を味わってみて下さい。


@そば愛好グループ
A種播き   8/7
B1ヶ月   9/6
C刈取り   10/16



伊勢又米穀製粉株式会社

水府そば粉(常陸秋そば使用)
特殊高級乾麺類
常陸秋そば・水府そば

代表取締役  多賀野 弘泰

本社・工場 〒313−0061
茨城県常陸太田市中城町199−3

TEL 0294−72−1236
FAX 0294−72−4536

お問い合わせは